注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

シー バイ クロエ (See by Chloe) - 注目を浴びるセカンドライン


インディケーター:東京オレンジ(2代目)
登録日:2009年9月25日
タグ:フレンチブランド,セカンドライン,池袋,2009年9月UPコンテンツ



東京で今注目を浴びるものとして「高級ブランドのセカンドライン」というのがある。

数ある高級ブランドの中でも2つの高級ブランドのセカンドラインが圧倒的に大きな注目を集めている。

それは、
・ chloe(クロエ)のセカンドラインである、see by chloe (シー バイ クロエ)
・ MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)のセカンドラインである、MARC by MARC JACOBS (マーク バイ マーク ジェイコブス)
の2つである。

マーク バイ マーク ジェイコブスは次回インディケ!するとして、今回は、高級ブランドの

シー バイ クロエ(see by chloe)

をインディケ!したい。

■ 新しいクロエを体現した「シー バイ クロエ」


シー バイ クロエは、伝統があるクロエブランドの中でも比較的に新しいラインである。フランスの高級ファションブランドのクロエは1952年創業の老舗。しかし、シー バイ クロエ ラインのスタートは、今から8年前の2001年秋冬物だ。

そして、クロエ自体が1990年代後半から「新しさ」を感じる老舗ブランドとなっている。

この理由としては、1990年代後半から現在までクロエのチーフデザイナーは3代続けて新進気鋭の女性デザイナーを抜擢するというスタイルが続いていることにあるだろう。

クロエが、日本でシー バイ クロエを買う顧客層と年齢的にも近い若いチーフデザイナーの採用したことによって、東京の20歳台の女性が熱狂するようなフェミニンでガーリーなセカンドライン「シー バイ クロエ」の成功はある意味当然だといえる。

もちろん、シー バイ クロエには、フェミニンでガーリーだけでなく、それでいて高級感があふれるクロエのブランドイメージもミックスされている。

高級ブランドはどちらかというと伝統的なイメージが強く、それをあえて崩した商品展開には「消費者視点ではなんとなく安っぽく感じる」場合が多い。

しかし、エナメルなどの新しい素材を使いながらも、シーバイクロエには安っぽさがないところも、人気の秘密だろう。

シー バイ クロエで展開される商品は、主にバック、女性服、そして靴である。バックの人気はさておき、服の展開が「とにかくかわいい」と評判である。外資系の高級ブランドにはなかった評価である。

そして、セカンドブランドならではの価格の安さもあって(それでも十分高いが)、4、5年まえから東京で人気のブランドとなった。

シー バイ クロエは、百貨店だけでなく、ヨーロッパ系のセレクトショップの鉄板商品としての人気は高いため、どこのセレクトショップに行ってもシー バイ クロエの商品が並んでいるという光景をよく目にする。

■ そもそもセカンドラインって何?


一般的に高級ブランドは、ファーストラインとセカンドラインといわれているものを持っている。

□ ファーストライン (クロエの場合だとクロエ)


ファーストラインは、ブランドのコンセプトを体現するラインともいえる。一切の妥協を許さずに作る為、値段的にかなりお高いことが多い。

□ セカンドライン (クロエの場合だとシーバイクロエ)

ファーストラインのコンセプトを守りつつも素材や生産国などをダウングレードしてお求め安い価格(ファーストラインの価格にもよるが半額から、3分の1程度が目安)にしたライン。

ブランドにとってはファーストラインの顧客になるであろう新規顧客の開拓という使命を担っていることが多い。

これで見ると、シー バイ クロエの特徴として、
・ クロエから比べるとお求め安い価格での製品
・ エントリー向け=若い世代に受ける商品展開
というものが見えてくる。

特に高級ブランドの顧客層がヤングレディースであるここ東京においては、若い世代に受ける商品展開が高級ブランドにおいても必須となる。その為、セカンドラインのほうが主要顧客層にミートする可能性が高いという事情もある。

このようなことからシー バイ クロエの大ヒットが勃発したのだろう。とにかく、シーバイクロエをインディケ!してほしい。



関連タグ:フレンチブランド,セカンドライン,池袋,2009年9月UPコンテンツ


ネット通販情報:
シー バイ クロエのネット通販情報・価格をヤフーでチェックするpowered by
シー バイ クロエのネット通販情報・価格を楽天でチェックするpowered by


紹介したインディケ!スポット
インショップ(西武池袋本店 3F)でシー バイ クロエを -場所はこちら


 このカテゴリーに登録されている画像はありません。


 クロエカテゴリーに登録された記事
・ シー バイ クロエ (See by Chloe) - 注目を浴びるセカンドライン (2009年9月25日 登録)


・ コーエン(coen) - お勧めショッピングモールブランド (2009年9月24日 登録)
・ イング(INGNI) - 注目の日系ファストファッション! (2009年9月23日 登録)
・ indio(インディオ) - 表参道の一等地に (2009年9月22日 登録)
・ クリムゾンとPIKO(ピコー) (2009年9月15日 登録)
・ キットソン(kitson)inラフォーレ原宿 (2009年8月26日 登録)
・ kitson(キットソン)inルミネ新宿 (2009年8月25日 登録)
・ ボナジョルナータ(BUONA GIORNATA)in渋谷 by ファイブフォックス (2009年8月12日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ