注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

オレンジーナ(ORANGINA) フランス系炭酸飲料


インディケーター:東京レッド(初代)
登録日:2004年10月11日
タグ:海外食品ブランド,原宿,2004年10月UPコンテンツ


以前、フランス系炭酸飲料、シャンパンをインディケ!したが、今回は、同じフランス系炭酸飲料でもソフトドリンク、オレンジーナ(ORANGINA)をインディケ!したい。

■ 最近町でよく見かけるオレンジーナ(ORANGINA)とは何?
オレンジーナを知ったのは、カフェに行って、あー、何の飲もうかなぁ?と思っていたところ、

「オレンジーナ」

という文字が躍っていたからので、スタッフにオレンジーナって何?と聞くと、

オレンジ味の炭酸飲料です

と、名前から連想できてしまう答え。

そして、一度飲んだらやめられず、現在に至るわけである。オレンジーナは、その名前のとおり、オレンジ果汁入りの炭酸飲料。味は、オレンジの味がしっかりとした炭酸飲料という感じ。12%の果汁と果肉が入っているため、炭酸飲料にありがちな、人工的な味はあまりしないとインディケ!できる。

オレンジーナは、オレンジーナといわれる黄色とオレンジの間のような色をした元味に加えて、1995年に新味となる、オレンジーナ ルージュ(Orangina Rouge、ルージュとは口紅の意味)を発売が発売された関係で、東京では現在、2つのオレンジーナフレイバーが楽しめる。

■ オレンジーナとは何か?
オレンジーナ(ORANGINA)は、フランスでもっとも人気のオレンジ飲料と評されるオレンジ果汁+果肉入りの炭酸飲料で、現在、オレンジーナのブランドは、英国系飲料メーカーのキャドバリー・シュウェップス(CARBURY SCHWEPPES)社が保有している。

ちなみに、キャドバリー・シュウェップス社は、有名な炭酸飲料「セブンアップ(Seven-Up)」や「カナダドライ(CANADA DRY)」、東京でもマニアに圧倒的な支持を受ける炭酸飲料「ドクターペッパー(Dr Pepper)」、東京では、あんまり馴染みがないものの販売されている炭酸飲料「シュウェップス(Schweppes)」などを保持するソフトドリンク界のジャイアント。一時期は、コカ・コーラ、ペプシコに対抗する勢力といわれながらも、現在、東京でのこれらのドリンクの発売元は、結局、コカ・コーラなのである。(ちなみに、オレンジーナは、三菱商事株式会社がフランスから輸入しているようである)

東京で、キャドバリー・シュウェップス社の関連会社といえば、キャドバリー・ジャパン社。キャドバリー・シュウェップス社は、飲料水事業とお菓子事業が主力となっており、キャドバリー・シュウェップス社の有名保有ブランドといえば、「リカルデント(Recaldent)」「クロレッツ(Clorets)」「ホールズ(HALLS)」「バブリシャス(Bubblicious)」が上げられる。

また、シュウェップス社は、創業者(ジェイコブ・シュウェップ氏)が人造炭酸水の製造方法の発明したことから、炭酸飲料の生みの親とも言われている。

このキャドバリー・シュウェップス社の前に、オレンジーナブランドを保有していたのが、フランス系の飲料メーカーが、ペルノリカール(Pernod Ricard)社。ペルノリカール社といえば、リキュール「パスティス」メーカー(ブランド名はリカール)としてよく知られている。また、オレンジーナは、もともと、アルジェリアで売られていたものが植民地の関係により、1951年にフランスに上陸したという背景らしい。

このように歴史があるオレンジーナ。つまり、オレンジーナを語ると、国際飲料メーカー&ブランドの勉強になってしまうのである。

このオレンジーナ、もちろん、炭酸飲料の主戦場でもある1978年から、アメリカでも販売されており、当初のオレリア(Orelia)、しかしながら、米国でも、1985年からオレンジーナに名称変更されている。

フランスでは、オレンジーナのボトルの形をかぶった人形が出演するテレビCMが流されており、それが人気。(イメージとしては、東京プリンのプリンが全身になっている感じかも?)

■ 炭酸飲料の主成分「流通・販売コスト」「宣伝広告コスト」
炭酸飲料って、何でそんなに高いの?といわれ続ける東京において、だって、水だって高いでしょ、と言い返すぐらいしか手はない。

ソフトドリンクの主要成分は、流通・販売コストと宣伝広告コストですからといえる、ソフトドリンク市場は、まさに、マス商品。

その中で、炭酸飲料としては異例のじわりじわり普及のオレンジーナ。東京のマーケッター&営業パーソンは、大注目だろう。

オレンジーナ、是非、インディケ!してほしい。



関連タグ:海外食品ブランド,原宿,2004年10月UPコンテンツ


 東京の注目な飲み物カテゴリーに登録された画像

フォション (FAUCHON)

 東京の注目な飲み物カテゴリーに登録された記事
・ グラソー ビタミンウォーター - 水だけじゃない水! ブームとなるか? (2009年9月27日 登録)
・ フォートナム アンド メイソン - アフターヌーンティーはこちらで (2009年7月9日 登録)
・ フォション (FAUCHON) - 高級紅茶in東京 (2009年7月2日 登録)
・ レッドブル(RedBull) (2005年6月2日 登録)
・ オレンジーナ(ORANGINA) フランス系炭酸飲料 (2004年10月11日 登録)

紹介した東京スポット
オレンジーナ発見ポイント
BAKERY CAFE 632 HARAJUKU
地下鉄千代田線 明治神宮前駅 徒歩3分



・ 日本橋三越新館オープン (2004年10月4日 登録)
・ マンダリン・オリエンタル東京in室町三井新館 (2004年9月27日 登録)
・ キムラヤ倒産でみる新旧交代 (2004年9月20日 登録)
・ 東京駅八重洲口開発 丸の内側だけではない再開発 (2004年9月13日 登録)
・ 丸の内オアゾオープン (2004年9月6日 登録)
・ ルイ・ヴィトンin銀座 ブランドの聖地銀座並木通りに (2004年8月30日 登録)
・ バーニーズニューヨークin銀座 11年ぶりの出店は銀座に (2004年8月23日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ