注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

東京国際フォーラム バブル期の公共建築を見に行こう!


インディケーター:東京イエロー(初代)
登録日:2004年8月18日
タグ:再開発,有楽町,2004年8月UPコンテンツ


今回から3回にわたってお伝えする東京インディケーター建築は「バブル期にプランされた公共建築を見に行こう!」である。

そのラインナップは、
・ 東京国際フォーラム(建設費:約1650億円)
・ 東京都庁(建設費:約1500億円)
・ 東京都現代美術館(建設費:約415億円)
という当時の話題の公共建築。

いずれもバブル時に起案され、多額の公共な予算投入を実施して作られた「世界都市東京に値するものを作ろう!」という考えに見合ったものだ壮大な建築物である。

ということで、初回は、東京国際フォーラムをインディケ!

■ 東京国際フォーラムの場所はもともと
この東京国際フォーラムは、もともと東京都庁があった場所。東京が成長して肥大するのにつれて、都職員の規模も拡大してきたわけであるが、丸の内の都庁では手狭になってきたことから、1982年か立替、移転などが検討が始まった。

その結果、バルブ景気絶頂前夜の1985年に、都庁を新宿に、コンベンション施設を丸の内にという、東京都シティホール建設計画基本構想が発表された。

これにより、東京国際フォーラムが生まれることとなった。

■ 東京国際フォーラムとは
このように、東京国際フォーラムは、都庁舎が新宿移転するのに伴い、その跡地に立てられたコンベンションセンター。4つホール棟と数多くの会議場が入るガラス棟からなる。

有楽町と東京駅の間という抜群の立地を生かして、よくセール、セミナーなどが行われる会場にもなっている。その人気は、東京ドームシティーのプリズムホールと人気を二分しているとインディケ!できる。

また、ホール棟とガラス棟の間は、公園となっており、最近では、近所のオフィスワーカー向けのランチスポットとして、ネオ屋台村となっている。

屋台ビジネスを考える人は是非ともインディケ!してほしい。

■ 壮大なガラス空間
東京国際フォーラムの注目は、ガラス棟のロビーである壮大なガラス空間。巨大なアトリウムを覆うガラスは壮大であり、現代の大聖堂といった趣向である。

巨大なアトリウムに立つと圧倒されることは間違いない。

設計は、ラファエル・ヴィニオリ氏。ちなみに、東京国際フォーラムの総建築費は、1650億円である。



関連タグ:再開発,有楽町,2004年8月UPコンテンツ



 このカテゴリーに登録されている画像はありません。


 イベントホールカテゴリーに登録された記事
・ 東京国際フォーラム バブル期の公共建築を見に行こう! (2004年8月18日 登録)

紹介した東京スポット
東京メトロ有楽町線、JR線 徒歩1分



・ アークヒルズin赤坂(2) 再開発のリノベーション (2004年8月11日 登録)
・ アークヒルズin赤坂(1) 東京の再開発の原点 (2004年8月4日 登録)
・ 恵比寿ガーデンプレイスin恵比寿(3) 華氏911で見るvs六本木ヒルズ (2004年7月21日 登録)
・ 恵比寿ガーデンプレイスin恵比寿(2) その概要は (2004年7月14日 登録)
・ 恵比寿ガーデンプレイスin恵比寿(1) エビスビールの歴史 (2004年7月7日 登録)
・ テレビ朝日本社in六本木ヒルズ (2004年6月30日 登録)
・ 六本木ヒルズレジデンスin六本木ヒルズ(2) 住みますか? (2004年6月23日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ