注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

新宿高島屋リニューアルで見る明日の百貨店


インディケーター:東京オレンジ(2代目)
登録日:2007年5月17日
タグ:高島屋,百貨店,副都心線,新宿,2007年5月UPコンテンツ



新宿の高島屋が4月19日にリニューアルオープンした。改装費用130億円、都内最大級の売り場面積を持つ百貨店だけに大きな話題をよんだ。

早耳のインディケ!読者の皆様の中には、もうすでにいかれた方も多いかもしれない。

この新宿高島屋、新宿の百貨店戦争の中で、万年最下位というありがたくないポジショニングを確立している。

この背景には、
・ 新宿高島屋は、バブル時の影響が残る時代に事業計画が設定されたので、そもそもの需要見通しが甘いので、それと比較すると実績が見劣りする
・ 新宿高島屋は、新宿の南端に位置し、地の利が悪い為、集客に難がある
などがあるとささやかれている。

その為、今回のリニューアルが、新宿高島屋浮上の切欠になるか、多くの業界関係者が見守っているということは事実である。

とにかく、今回は、行った人も、行ってない人も、週末行きたい場所として、リニューアルをした新宿高島屋をインディケ!

■ 目玉は男女同一階戦略
今回の新しい店舗作りとしては、4階から8階までメンズ・レディース服を同一階に展開するという試みを行っている。

人の買い物に付き合ったときのほうがいいものが見つかる(某インディケーター談)という心理にぴったりはまるわけであるが、一箇所に固まっていたらありがたいのも事実。

ただ、特定のイベント、例えば、卒業式とか、就職活動とか、特定のテーマで男女共に需要が出るイベント時は、選択肢も少なく、男女共に確実に需要を満たせる売り場ができるだろう。しかし、日常のワードローブを選ぶといったシーンでは、必ずしも同じ階、つまり、限られたスペースで、男女の需要が満たせるかというと、そこは難しいところもあるとインディケ!できる。

むしろ、ブランドなど強力なテーマがあれば男女共同フロアも面白いかもしれない。現実に、ブランドショップなどに行くと、女性が自分の好きなブランドに彼氏を連れて行き、その彼氏がそこでのショップ体験を元に、自分の服も買い始めるということはよくある現象だ。

これは、彼女を選ぶ=彼女センスを選ぶといことであるので、自分のセンスにも合いやすいということだ。

そういったことを考えると、平場(ブランドごとでなく紳士服、婦人服といった百貨店が編集する売り場)で、男女同一フロアというのは面白いとインディケ!できる。高島屋的な編集を気に入った男女が、ゆっくりと回遊して服を選ぶというシーンが想像できるからだ。

現在は、情報過多の時代。ブランドに関する情報もあふれている。11階もあるのだから、もっと、平場で勝負というのも面白いのではないか?思ってしまう。ちなみに、この話に一番近い売り場は、新宿高島屋の6階とも言える。

■ 副都心線開通は救世主となるか?
まず、FY2005の新宿百貨店戦争の結果は、年商で
・ 伊勢丹 - 2522億
・ 小田急 - 1162億
・ 京王  - 1003億
・ 高島屋 - 799億
であるとインディケ!したい。

売り場面積が違ったり、外商が含まれて至りと単純比較できない要素もあるが、高島屋の苦戦振りが伺える。

この背景には、先述した、「地の利がよくない」という問題がある。新宿高島屋が位置する場所は、もともと国鉄の車両基地があった場所で、新宿南口のさらに南、新南口という場所だ。その為、新宿の商業地区の南端となり、人の流れ的には不利の場所といえよう。

しかし、これが副都心線開通で抜本的に変わる。

高島屋は、副都心線開通直結となり、渋谷、池袋というターミナル駅からのアクセスが飛躍的によくなる。これにより、今まで渋谷東急・渋谷西武、池袋西武、池袋東武、池袋三越という、新しい敵であり、新しいお客元にリーチすることとなる。

これを東京の百貨店戦争の構造変化と見る向きも多い。新宿高島屋の真の実力のインディケ!は、副都心線の2008年6月の開業を待ってからでも遅くはないだろう。ともあれ、今週末には、個人の目で、新宿高島屋を是非ともインディケ!してほしい。



関連タグ:高島屋,百貨店,副都心線,新宿,2007年5月UPコンテンツ


紹介したインディケ!スポット
新宿タカシマヤ -場所はこちら

 東京の百貨店カテゴリーに登録された画像

阪急 メンズ in 有楽町 (2)

阪急 メンズ in 有楽町

 東京の百貨店カテゴリーに登録された記事
・ 阪急 MEN’s Tokyo(阪急 メンズ館) in 有楽町(2) フロア構成は? ショップは? (2011年8月23日 登録)
・ 阪急 MEN’s Tokyo in 有楽町(1) リニューアルでメンズ業態へ (2011年8月23日 登録)
・ 銀座三越の復活なるか? (2010年9月21日 登録)
・ 新宿高島屋リニューアルで見る明日の百貨店 (2007年5月17日 登録)
・ そごう心斎橋本店in大阪 ミレニアムリテイリングの旗艦店から、セブン&アイ・ホールディングスの旗艦店へ (2006年7月25日 登録)
・ プランタン銀座(Printemps Ginza) OLファッションの殿堂 (2005年6月14日 登録)
・ 伊勢丹in新宿 ファッションの殿堂 (2005年6月7日 登録)
・ 松坂屋in銀座 加藤家と名古屋嬢と (2005年5月30日 登録)
・ 日本橋三越新館オープン (2004年10月4日 登録)


・ へネス&モーリッツ - H&Mが遂に日本登場 (2007年5月14日 登録)
・ ジョイアス(Joias) 大人のブランド from モバイル (2007年5月10日 登録)
・ ダブルスタンダードクロージング (DOUBLE STANDARD CLOTHING) (2007年5月7日 登録)
・ アルバローザ ジャパン 夏に向けてMustアイテム (2007年5月3日 登録)
・ 小悪魔アゲハ(ageha)とセブンシーズホールディングス (2007年4月30日 登録)
・ アプワイザー・リッシェas愛され服 (2007年4月23日 登録)
・ ソードフィッシュ(SWORD FISH) as急成長リアルクローズ (2007年4月16日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ