注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

ゲートシティー大崎in大崎(2) ランドスケープデザイン


インディケーター:東京イエロー(初代)
登録日:2004年5月12日
タグ:再開発,超高層ビルin東京,大崎,2004年5月UPコンテンツ


ゲートシティー大崎の見所の一つは、「ランドスケープデザイン」である。大崎駅からアクセスした場合、二つのツインタワーの裏手にあるこのランドスケープデザインは、著名なアメリカ人ランドスケープアーキテクト(landscape architect)である、トーマス・バルズレー(Thomas Balsley)氏が設計したものである。

■ 注目されるランドスケープデザイン
いま東京で、ランドスケープデザインが注目されている。

これは、政策として東京の容積率緩和が進められた結果、オフィスビルが、より高層化、大規模化、集中化した。これにより、大規模ビルでは、一人当たりのオープンスペースの絶対量が減るという現象を生んだ。

その結果、限られたスペースを有効に生かして、働く人に対して安らぎを与えるランドスケープが必要となった。これにより、ランドスケープのデザインの重要度がこれまでにないほど増している。

オフィスビルだけでなく、マンションも、高層化した結果、住民あたりのオープンスペースの絶対量が減った。このことは、最近の高層マンションのランドスケープデザインが、非常に凝った作りになっていることと関連があるのである。

土と緑を感じさせない場所が出来れば出来るほど、土と緑を感じさせるランドスケープデザインが重要となってくる。それが東京だ。

■ トーマス・バルズレー氏とランドスケープアーキテクト
ランドスケープアーキテクトは、主に緑地や公園等の造園設計をする技術者に与えられた言葉である。

氏はアメリカで最も著名なランドスケープアーキテクトの一人であり、日本は、ゲートシティー大崎の他に大阪のワールドトレードセンター(World Trade Center)のランドスケープも手がけている。

ランドスケープを保つ為に、定期的なメンテナンスが重要になる。つまり、ランドスケープは作るだけでたなく、保ちづつけるというデザインなのである。

是非とも見学にいたかれたし、、、、



関連タグ:再開発,超高層ビルin東京,大崎,2004年5月UPコンテンツ



 このカテゴリーに登録されている画像はありません。


 大崎の再開発カテゴリーに登録された記事
・ ゲートシティー大崎in大崎(2) ランドスケープデザイン (2004年5月12日 登録)
・ ゲートシティー大崎in大崎(1) 期待された副都心 (2004年5月5日 登録)

紹介した東京スポット
JR線 大崎駅 徒歩2分(駅直結です)



・ ゲートシティー大崎in大崎(1) 期待された副都心 (2004年5月5日 登録)
・ 泉ガーデンin六本木1丁目(2) ギリギリビルディング (2004年4月28日 登録)
・ 泉ガーデンin六本木1丁目(1) 目玉はエレベーター (2004年4月21日 登録)
・ カレッタ汐留(caretta SHIODOME)inシオサイト (2004年4月14日 登録)
・ 汐留シティーセンター(Shiodome City Center)inシオサイト (2004年4月7日 登録)
・ 和光in銀座 東京の建築ランドマーク (2004年3月31日 登録)
・ 品川グランドコモンズin品川駅東口 (2004年3月24日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ