注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

プラダ(PRADA)ビル in 青山


インディケーター:東京イエロー(初代)
登録日:2004年3月3日
タグ:プラダ,旗艦店in東京,青山,2004年3月UPコンテンツ



プラダビル-中の売り場が外からほどよく透けて見えるのが特徴
行動主義―レム・コールハースドキュメント(¥1,890) -彼を知らなくして建築は語れない-
行動主義―レム・コールハースドキュメント(¥1,890) -彼を知らなくして建築は語れない-

プラダビル-夜見るとその透明感が良くわかる
-PR-


リラクゼーション&極上スパ 情報はこちらから

プラダビル-夜見るとその透明感が良くわかる
-携帯でもインディケ!-
東京インディケーターモバイル版はこちらへ
プラダ(PRADA)が南青山にフラッグシップショップ(旗艦店)をオープンさせた時に、もっとも話題になったのは、プラダのプロダクト以上に、プラダが立てたフラッグシップショップ(旗艦店)用のビル「エピセンター(Epicenter)」であった。東京の新しいランドマークとして、日夜、多くの人がその建築を見に訪れている。

この新しい東京の建築物は、プラダ(PRADA)仕掛ける、「エピセンタープロジェクト(Epicenter Project)」の日本発登場となる店舗である。

エピセンタープロジェクトとは、プラダが仕掛けるプロジェクトで、前衛的建築家と組んで、プラダのショップをプロデュースし、その店舗でのショッピングを通じて、ブランド体験を高めようというプロジェクトである。このプロジェクトの第1店舗は、現代建築では著名なオランダ人建築家レム・クールハースの設計事務所「OMA」と組んで行った、ニューヨークソーホー(New York SOHO)の店。これは、リノベーションによって実現された空間である。

そして、東京でのプロジェクトのパートナーとして選ばれたのは、スイス出身の建築家「ジャック・ヘルツォーク」と「ピエール・ド・ムロン」である。このコンビは、2001年にロンドンの美術館「テート・モダン」で、プリツカー賞を受賞している世界的に著名な建築家ユニットである。

全面ガラス張りのビルは、ブランド店舗で、透明/半透明系の素材をファッサードに採用することが多くなってきた今日においても、度肝を抜くデザイン。

是非、鑑賞に行くことをお勧めする。



関連タグ:プラダ,旗艦店in東京,青山,2004年3月UPコンテンツ



 このカテゴリーに登録されている画像はありません。


 プラダカテゴリーに登録された記事
・ プラダ(PRADA)ビル in 青山 (2004年3月3日 登録)

紹介した東京スポット
地下鉄表参道駅徒歩3分



・ ヒルサイド(Hill Side)in六本木ヒルズ 深夜の城砦通路 (2004年2月25日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ