注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

バーンデストジャパンリミテッド by サマンサタバサジャパンリミテッド


インディケーター:東京オレンジ(2代目)
登録日:2009年6月30日
タグ:サマンサタバサ,109ブランド,渋谷109,渋谷,2009年6月UPコンテンツ



先週のインディケ!に引き続きサマンサタバサについてだ。サマンサタバサ社は、2005年12月に株式公開を行い、マザーズに上場した。

サマンサタバサ社は上場後の事業拡大の方針として、それまでの基幹ビジネスであった「バックビジネス」と「宝飾品販売」に加えて、企業買収によって2つのビジネスラインを加えた。

1つ目は非常にわかりやすいアパレル。これは、バーンデストジャパンリミテッド(BURNEDEST Japan Limited)という形で行っている。

2つ目は、インターネット上でのショッピングモール運営。これは、他社のブランドをも扱うために若干の違和感も感じられる(もちろん、ブランドビジネスにおいて、販売力=店舗力がこれまで以上に重要になっていることはあるが)。

いずれにしても、サマンサタバサは、上場後、企業買収を軸とした2つのビジネスラインの拡充を行った。今回のインディケ!のテーマは前回に引き続き

サマンサタバサとそのアパレル子会社バーンデストジャパンリミテッドとインターネット上でのショッピングモール運営についてだ



■ サマンサタバサによる2つのキーとなる企業を企業買収


サマンサタバサは、アパレル分野とインターネット小売りとに企業買収を仕掛けている。

□ アパレル部門 メッセージ(現バーンデストジャパンリミテッド)の買収


アパレル部門は、若いOLをターゲットという激戦区でビジネスをしていた株式会社メッセージを2007年3月に買収している。

この買収したメッセージは、以前インディケ!したこともあるが、若いOL向けの「ラストシーン」や109ブランドともいえる「ラストシーン ガール」などを運営する中堅ブランドメーカーであった。

サマンサタバサに買収される直前のメッセージの年商(2008年2月期)は51.7億の年商を誇っていた。サマンサタバサはこのメッセージの買収し、ブランドラインナップを再構築。社名もバーンデストジャパンリミテッド / BURNEDEST Japan Limitedと変更した。

バーンデストジャパンリミテッドとなって再構築されたブランドはサマンサタバサの戦略をなぞっている。

パリス ヒルトンのワードローブをイメージしたとされる「HONEY BUNCH (ハニーバンチ)」というブランド(もちろん、イメージキャラクターは、パリス ヒルトンなどが立ち上げられた。

なお、アパレル事業の2009年2月期の売上げは、40.16億円。ブランド再構築の影響からか、買収時よりか売上が減少している。バックで培った有名人の起用を軸にしたサマンサタバサのマーケティング戦略がうまくいくのか? いずれにしろ、バーンデストジャパンリミテッドは、今後に注目というステージだろう。

□ 小売業部門 - スタイライフの買収


サマンサタバサは、インターネットをつかった小売業に積極投資している。

自前で投資して構築したWW City(ダブルダブリュシティー)というインターネット上のショッピングモールに加え、2007年4月に女性向けにCanCam系のブランドなどの通販を行うスタイライフをTOB(株式公開買い付け)による子会社化した。

これらの事業は、自社製品も扱うが、もちろん他社製品も扱う、インターネット上のショッピングモールの運営だ。

ブランド企業が他のブランド企業の商品も取扱う小売業に進出するのは違和感があるかもしれない。しかし、SPA(製造から小売まで統合的に管理するアパレル企業)が当たり前になるなか、小売を制するものがブランドを制するということもあるのかもしれない。

いずれにしても、若干違和感を感じるかもしれないが、インターネット上での小売にサマンサタバサが積極的なのは事実である。

■ サマンサタバサの今後をインディケ!


2005年に比べ、2009年のサマンサタバサは、買収によるアパレル+小売により、ビジネスラインも広がり売上も拡大した。しかし、その陰で定番商品を主軸としたバックの製造販売という高利益体質から遠のいており、今後もこのバックビジネスの競争力強化がキーであろう。

そのためには、ルイ・ヴィトンのモノブラム、エピ、ダミエのような、サマンサタバサとしての長期的に育てていけるウルトラ定番アイテムの確立が急がれるのではないか?

さらに、グローバル展開に期待がかかる。日本にいてもグローバル展開はできる。たとえば、多くのアジア人の支持を受ける三陽商会バーバリーブルーレーベルのようにだ。

つまり、これから考えると、
・ バックビジネス強化で日本を含めたアジア圏でのブランド確立
がキーともいえる。

「東京人悲願の東京発のグローバルブランドとなったサマンサタバサを見たい。グローバルでギリシャのフォリフォリと対抗するアフォーダブルラクジュアリーブランド、サマンサタバサを見たい」という人も多いだろう。

ともわれ、サマンサタバサによるアパレル、バーンデストジャパンリミテッドのHONEY BUNCH (ハニーバンチ)を是非、インディケ!してほしい。



関連タグ:サマンサタバサ,109ブランド,渋谷109,渋谷,2009年6月UPコンテンツ


ネット通販情報:
サマンサタバサのネット通販情報・価格をヤフーでチェックするpowered by
サマンサタバサのネット通販情報・価格を楽天でチェックするpowered by


紹介したインディケ!スポット
HONEY BUNCH SHIBUYA 109 (3F) -場所はこちら

 サマンサタバサカテゴリーに登録された画像

サマンサタバサ

 サマンサタバサカテゴリーに登録された記事
・ バーンデストジャパンリミテッド by サマンサタバサジャパンリミテッド (2009年6月30日 登録)
・ サマンサタバサ(Samantha Thavasa) - ブランド帝国への道 (2009年6月23日 登録)
・ サマンサタバサ(Samantha Thavasa)in銀座 卓越したマーケティングセンス (2004年8月31日 登録)


・ サマンサタバサ(Samantha Thavasa) - ブランド帝国への道 (2009年6月23日 登録)
・ ファビュラス セシルマクビーで見るジャパンイマジネーション社の次 (2009年6月16日 登録)
・ ジャパンイマジネーション - セシルマクビーと共に (2009年6月9日 登録)
・ ヴェルサーチ (Versace)in紀尾井町 アルマーニと (2009年6月2日 登録)
・ A|X アルマーニ エクスチェンジ(Armani Exchange)in渋谷 アルマーニもファスト! (2009年5月25日 登録)
・ アルマーニ銀座タワー - アルマーニの世界観が銀座に (2009年5月18日 登録)
・ エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI)in表参道 ジョルジオアルマーニグループ (2009年5月11日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ