注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

聖路加ガーデン タワーとレジテンス


インディケーター:東京スペシャル
登録日:2009年10月19日
タグ:バブル景気,無料展望台in東京,超高層ビルin東京,築地,2009年10月UPコンテンツ



手前が聖路加レジデンス、奥が聖路加タワーであり聖路加ガーデン を構成している。

手前が聖路加レジデンス、奥が聖路加タワーであり聖路加ガーデン を構成している。
バブル景気のころの不動産開発おいて流行した言葉がある。それは「ウォーターフロント」である。

このウォーターフロントという言葉は、簡単にいえば「水際」であり、水辺の港湾地帯をおしゃれに開発するというのがそのコンセプトである。

そしてバブル景気のときの大型ウォーターフロント開発としてはずせないのが、聖路加ガーデンである。港湾地区ではなく、大規模病院の再開発であるが、場所が都心隣接ということもあり「「ウォーターフロント」最開発として大きな注目を浴びた。

今回のこの聖路加ガーデン タワーとレジテンスをインディケ!したい。

■ 複合施設である聖路加ガーデン


聖路加ガーデンは、聖路加国際病院の再開発に伴い誕生した2つのビルを主体とした複合施設である。

これは森ビルがアークヒルズで実現したような商業・住宅・文化・オフィスと様々な要素を組み合わせて複合施設をつくるというコンセプトは当時はまだ例も少なく、最新の考え方でもあった。

複合施設としての聖路加ガーデンの特徴は、聖路加病院の最開発ということからも
・ 住居(高齢者向けの医療、介護サービス付きの高級賃貸住宅
・ オフィスビル
・ ホテル
・ レストランなどの商業施設
という医療という特色がある再開発となった。

建物としては、
・ オフィス+商業棟 (47階建て)
・ 住居+ホテル棟 (38階建て)
というツインタワー構造になっている。

バブル景気真っ最中に計画され、着工がバブルピーク時の1990年、完成はバブル崩壊後の1994年というタイミング的にはそんなに良くない計画であった。しかしながら、竣工後はオフィス棟には世界最大の広告代理店である電通の大部分の部署が入居し、長らく聖路加タワー=電通というイメージで知られることになる。

その後、電通は自社ビルを汐留に完成させ、現在、聖路加タワーには入居していない。

■ 注目は無料展望台?


聖路加ガーデンの注目はなんといっても、聖路加タワーのある展望台だ。

東京タワーをはじめとして東京の夜景が一望できる。特に聖路加タワーはウォーターフロント、水際に位置している為、東京の中心部の夜景が一望できる。

そしてその展望台はなんと無料である。是非ともインディケ!して欲しい。



関連タグ:バブル景気,無料展望台in東京,超高層ビルin東京,築地,2009年10月UPコンテンツ


紹介したインディケ!スポット
聖路加ガーデン (聖路加ガーデン タワー 無料展望台は47階) -場所はこちら

 聖路加の再開発カテゴリーに登録された画像

聖路加タワー

 聖路加の再開発カテゴリーに登録された記事
・ 聖路加ガーデン タワーとレジテンス (2009年10月19日 登録)


・ 丸の内ブリックスクエアと丸の内パークビル (2009年10月18日 登録)
・ 文京シビックセンター (2009年8月6日 登録)
・ 商業施設の屋上緑化と屋上庭園 (2009年7月15日 登録)
・ 東雲キャナルコート CODAN - これからの街づくり (2009年7月8日 登録)
・ 東雲キャナルコート - タワーマンションのメッカ (2009年7月1日 登録)
・ 東雲キャナルコート - 都心最後のフロンティア (2009年6月24日 登録)
・ グランスタ東京+more! 東京最大の駅ナカエリアin東京駅 (2009年6月17日 登録)
Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ