注目ワード:[黒船来襲] アバクロin銀座 - Kitson 新宿 - forever 21 in原宿 - [海外旅行] ニューヨーク買い物ガイド - [今年注目] TOPSHOP   RSS   
Tokyo INdicator 東京の今日と明日がここに
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
東京は楽しい

タグ:六本木 - 東京インディケーター

今、東京では東北地方太平洋沖地震の影響もあり電力が不足している。東京人の皆さんも節電を心掛けているところだと思う。 そんな中で六本木ヒルズなどを運営する不動産デベロッパー、森ビルが東京電力へ売電するという発表があった。 実は森ビルは、自社で発電設備を保有している。今回は、この森ビルが保有  >> 続きを読む

東京ミッドタウンにスケートリンク登場! このニュースを聞いて多くの東京人の胸が躍ったことだろう。 冬場の日比谷シティのスケートリンクは廃止になってしまったが、冬季オリンピックイヤーの今年はスケートが注目される年でもある。 大規模なビルの谷間のスケートリンクとしては赤坂サカスもあるが、六本  >> 続きを読む

東京でもっとも大規模なイルミネーション地帯である六本木。 それは、2つの再開発地域、六本木ヒルズと東京ミッドタウンにおいて、大規模なイルミネーションイベントを行っているからだ。 今回は、2003年にオープン以来につねにイルミネーション業界をリードしてきた六本木ヒルズのイルミネーションをイ  >> 続きを読む

東京でもっとも大規模なイルミネーション地帯である六本木。 それは、2つの再開発地域、六本木ヒルズと東京ミッドタウンにおいて、大規模なイルミネーションイベントを行っているからだ。 今回は、東京ミッドタウンのイルミネーションをインディケ! ■ 東京ミッドタウンのイルミネーション 東京  >> 続きを読む

不景気のまっただ中、リストラの恐怖におびえるバブル入社組みの方を中心に「バブル景気」が懐かしいという人も多いだろう。 また、30歳代中盤までの東京人は、未曾有の好景気「バブル景気」を経験したことのない時代であり、職場から先輩から「バブル景気の頃は、、、」という言葉しか聞いたことがないだろう。  >> 続きを読む

今東京の建築で話題なことの一つに屋上緑化というものがある。大規模商業施設では、必ずといっていいほど、屋上庭園(=屋上緑化)が企画されている。 ただし、「建物の上に庭園を造ること」はそう簡単なことではない。 というのも、当たり前のことであるが、既存の商業施設の屋上は、「そもそも緑化すること  >> 続きを読む

週末のお勧め東京ホテルは?(2009年1月29日 更新)
「東京人の一番近いリゾート地は東京である」なんだか、おかしいこの文章も、東京が持つ豊富なホテル群を考えれば納得するだろう。 東京人にとって非日常になるためには、何も飛行機に乗って海外に行かなくとも非日常空間=高級ホテルは各種そろっている。 その数あるホテルの中で、「週末の都心ステイのお勧  >> 続きを読む

20世紀の六本木といえば、主に外国人を中心とした歓楽街というイメージが強かった。しかし、ここ数年「アートの町、六本木」としての評判が高くなってきている。 この理由は、六本木ヒルズ(2003年オープン)、国立新美術館(2007年オープン)、東京ミッドタウン(2007年オープン)の3つの大規模再開  >> 続きを読む

都市伝説満載な東京(2007年3月19日 更新)
最近都市伝説が、にわかに注目されている。 都市伝説とは、文字通り、都市に伝わる伝説。「XXビルは空室率が多い本当の理由は、XXXなんだ」といったような、実際に一般の人々が知っている固有名詞や想像しやすい事を元に作り出された現代の伝説である。 一般的に、「実は俺の友人の友達がさ、体験したの  >> 続きを読む

モーモーパラダイスを知らない若い世代は、ここ東京ではいないだろう。圧倒的な価格力で、若い世代の胃袋を満たし、しゃぶしゃぶ・すき焼き業界のイノベーターと呼ばれたモーモーパラダイスは、ドン・キホーテなどと共に、東京で破壊的ブランドとして名が通っている。 このモーモーパラダイスを運営するレストランオ  >> 続きを読む

昨今の携帯業界の話題のひとつに、グローバルヒット携帯、モトレーザーの日本導入がある。 これまで、東京の携帯電話市場は、世界市場と切り離された特殊な市場として捕らえられがちであった。しかし、それを打ち破ることができるかはこのNTTドコモから導入された「MOTORAZR(モトレーザー)」にかかって  >> 続きを読む

東京人は、一般に温泉が好きだ。古くから箱根ツアーは人気があるし、21世紀に入り大型温泉アトラクションが数多く東京に出現した。 最近のトレンドは、都心のど真ん中にスパ・温泉テーマパークができていることだ。今回は、この都市型スパ・温泉施設をインディケ! ■ 東京のスパ・温泉トレンドを読む  >> 続きを読む

「東京で最も成功したレストランオペレーターは?」という質問の答はやはり「グローバルダイニング(Global Dining / 旧長谷川実業)」という声が大きいだろう。 旗艦店の1つである、西麻布の権八は、小泉首相が、米国ブッシュ大統領をもてなした場所として一躍有名になった。「居酒屋外交」と称さ  >> 続きを読む

ハワイのお土産にバナナ・リパブリック(Banana Republic)のTシャツという時代も終わったかもしれない。バナナ・リパブリックが、待望の東京上陸を果したからだ。 以前にインディケ!した際には、オールド ネイビーと共に日本にはないGAP系ブランドと称したが、今回は、バナリパ(バナナ・リパ  >> 続きを読む

港区が運行するコミュニティバス「ちぃばす」をご存知だろうか? 東京都が運行する都バスを半分にしたような小さな短い車体で港区内を運行するコミュニティーバスの姿を見たことある人も多いだろう。 今回のインディケのテーマは、このコミュニティバスとその代表例としての「ちぃばす」である。 ■   >> 続きを読む

ハリウッドの人気映画シーズの一つであるバットマン。その最新バットマン映画である「バットマン ビギンズ」が6月18日から公開となる。 この「バットマン ビギンズ」には、日本俳優の中でもハリウッド進出を果たし、そして最も成功した一人である渡辺謙氏が出演していることからも日本での注目度は高い。  >> 続きを読む

オーシャンズ12が公開となっている。特に、封切の際に、ブラッド・ビット、ジョージ・クルーニ、マッド・デイモンというビッグスターが、来日し、ここ東京の六本木ヒルズでオープニングイベントを行って話題になった。 今回は、オーシャンズ12と関連知識であるラスベガスをインディケ! ■ オーシャンズ  >> 続きを読む

先週にインディケ!したイトキン社(Itokin)の展開ブランドで、もっとも有名なものはクレージュ(courreges)かもしれない。 このクレージュブランドは、パリのデザイナー、アンドレ・クレージュ(Andre Courreges)が、1960年代にスタートしたブランドであるが、現在でも、大胆  >> 続きを読む

ヴィレッジヴァンガードin六本木ヒルズが、8月末にクローズした。 その後に入居した店舗をインディケ!しようと思っていたが、いまだにシャッターが下りている。うーんという感じである。 今回は、ヴィレッジヴァンガードと、インディケーター的ヴィレッジヴァンガードin六本木ヒルズ跡に作るべき店舗を  >> 続きを読む

ニキータ(NIKITA)は、今東京で、もっとも話題になっている新創刊雑誌といってもいいだろう。 このニキータをはじめとして、BOAOなどの新創刊雑誌が量産される今の東京では、本屋の前で、新創刊雑誌のプロモーションが大々的に繰り広げられている(ちなみに丸の内オアゾの丸善でニキータの大キャンペーン  >> 続きを読む

日本が世界に誇るエンターテイメントといえば、カラオケ。カラオケは、KARAOKEとして海外でも広く知られている言葉だ。SUSHI、JUDO、UTADAと並んで、世界で通用する数少ない日本語である。 東京で話題を呼んだ映画、ロスト・イン・トランスレーション(Lost In Translation  >> 続きを読む

東京で、なんとなーく話題なっている映画「サバイブスタイル5+(SURVIVE STYLE5+)」。この話題のなり方が何となくロストイントランスレーションに似ているような気もするが、今回のインディケ!は、このサバイブスタイル5+である。 ■ サバイブスタイル 5+の、あらすじは? インディケ!  >> 続きを読む

ヴァージンと聞いて、まず何を思い浮かべるだろう? ・ ヴァージンメガストア (CDの小売業) ・ ヴァージンアトランティック航空 (エアラインの運行) ・ ヴァージンコーラ (飲料メーカー) ・ ヴァージンシネマズ (シネマコンプレックス) ・ V2レコーズ (レコードレーベル) と様々  >> 続きを読む

2000年のユニクロフリースの躍進の影に、ワイデン&ケネディーありといわれていた。今回は、このワイデン&ケネディーとユニクロ、ファッションと広告代理店をインディケ!してみたい。 ■ ワイデン&ケネディーとナイキ ワイデン&ケネディーとは、米系のクリエイティブエージェンシー。クリエイティブエー  >> 続きを読む

今年の東京の夏は、とにかく暑い。そんな暑さを少しでも和らげる映画が、ディープ・ブルーといよう。 今回は、驚異の映像連続の映画「ディープブルー」をインディケ! ■ディープ・ブルーの見所は? 驚異の映像といえば、CGを駆使した映像が、最近の定番である。しかし、それも食傷気味であるという東京  >> 続きを読む

4年に一度のビックビジネスチャンスといえば、アテネオリンピック。東京の広告もアテネオリンピック色が強くなってきている。 ご存知の方は多いと思うが、このオリンピックは、スポーツの祭典であると共に、ビジネスチャンスを狙ったさまざまな企業の思惑が見え隠れする、ビジネスチャンスでもある。 特に、  >> 続きを読む

以前エンターテイメントのコーナーで紹介をしていた、青山ブックセンター六本木店が16日いっぱいで、営業を終了した。 突然の青山ブックセンターの閉店(倒産)は、閉店から2日ほどたった今も、東京中の話題となっている。なぜなら、青山ブックセンターは、単なる本屋ではなく、東京のカルチャーシーンには欠かせ  >> 続きを読む

テレビ朝日は、現在、六本木ヒルズがある場所に本拠地を置いていたテレビ局。六本木六丁目交差点(材木町交差点)から、広尾交差点に抜ける道をテレ朝通り(テレビ朝日通り)という名称であることからもわかる。 。 以前は、テレビ朝日社屋は、現在六本木ヒルズのグランドハイアットと森タワーin六本木ヒルズがある  >> 続きを読む

六本木ヒルズレジデンスに「住むと」いうことを今回は、インディケしてみたい。一度は住んでみたいと思った人も多いだろう。しかし、先立つものはお金。六本木ヒルズレジデンスに住むということは、いったいいくら掛かるのか? ■ 気になる六本木ヒルズレジデンスの賃料 気になる六本木ヒルズレジデンスの賃料で  >> 続きを読む

六本木ヒルズレジデンスといえば、今、東京でもっとも注目されている住居であろう。成功社長が、住む場所といえば六本木ヒルズレジデンスなのかもしれない。 ■ コンラン氏と六本木ヒルズレジデンス 東京のレジデンスを語る上でのキーワードは、「デザイン」と「コンラン卿」である。流行ということは、氾濫とい  >> 続きを読む

六本木ヒルズの一つの目玉商品が、東京シティービューとなずけられた展望台と森美術館である。 今回は、この二つの施設(東京シティービューと森美術館)とその施設がある森タワーin六本木ヒルズの最上部には何があるかをインディケ!したい。 ■ 文化都心が六本木ヒルズの一つのコンセプト 六本木ヒル  >> 続きを読む

東京で、六本木ヒルズと言って知らない人はいない。東京最大級の開発となった六本木ヒルズは、多方面で話題を呼んでいる。こういった再開発でこれほどの話題を呼んだのは、六本木ヒルズが始めてかもしれない。 6月ということで、六本木ヒルズをインディケ!したい。 ■ 六本木ヒルズの歴史 六本木ヒルズ  >> 続きを読む

前回は、東京ミッドタウンプロジェクトの歴史的な背景をインディケ!したが、今回は、東京ミッドタウンプロジェクの概要をインディケ!したい。 ともかく、注目は、マンダリン・オリエンタル東京など共に東京これからできる、話題のラクジュアリーホテルであるザ・リッツ・カールトン東京であることは、間違いない。  >> 続きを読む

「ラーメン屋は汚いほうが旨い」という俗説があるが、実際食事はおしゃれなところでおいしいものを食べたい。しかし、デザインレストランの宝庫である東京で、デザイン性が優れたラーメン屋を探すとなるとそれなりに難しい。ラーメン屋とデザイン性については、相反するものなのかもしれない。 ■ 一風堂in六本木  >> 続きを読む

国立新美術館に引き続き乃木坂をホットにするプロジェクトがある。それが、東京ミッドタウンプロジェクトである。 東京ミッドタウンプロジェクトの概要は来週述べるとして、今週は、まず、東京ミッドタウンプロジェクトの歴史をインディケ!。 ■ こんな場所に防衛庁があったのか この東京ミッドタウンプ  >> 続きを読む

乃木坂に美術館を建てていると聞いてもピンと来る人が少ないだろう。しかし、国立新美術館と聞けば、それなりに知っている人も多いだろう。 国立新美術館は、名前と運営方針で何かと話題である。今回は、そんな国立新美術館をインディケ! ■ 国立新美術館の骨格が出現 乃木坂駅を降りてすぐの所に巨大な  >> 続きを読む

先週に億ション(高級分譲マンション)について書かせて頂いたが、今週はそれと正反対の事象についてレポートしたい。サービスアパートメント(もしくは、高級賃貸マンション)についてだ。 バブル崩壊、そして、それ以降の90年代半ばまでは、家を買うというのは、一戸建てにしろ、マンションにしろ、ある意味、東  >> 続きを読む

六本木プリンスホテルは、どちらかというと六本木駅より、六本木1丁目駅に近い、六本木通りから一本入ったところにある。この六本木プリンスホテルは、今から約4半世紀前に建てられた未来型(志向だった)都市型ホテルである。 ■ 約四半世紀前に予見された未来 六本木プリンスホテル、日本が誇る著名な建築家  >> 続きを読む

東京にはさまざまな深夜業態がある。しかし、その中でもここ10年で一番成長した深夜業態は、「ドンキホーテ」ではなかろうか? ドンキホーテ以前、東京では、深夜営業の小売店舗のサイズは、コンビニサイズが限界といわれていた。しかしながら、ドンキホーテは、その壁を破って、まさに新しい業態を作り出した。  >> 続きを読む

24時間都市東京の新しいフラッグシップ「六本木ヒルズ」。この六本木ヒルズも深夜となると人通りが少なくなるのは否めない。 様々なアイディア・コンセプトは、実は、夜の文化から生まれているが、夜人通りが少なくなるということは、やや強引ではあるが、アイディア・コンセプトが生まれにくいといわざるおえない  >> 続きを読む

深夜に映画を見るといったら、テレビの深夜枠にやっているB級映画(失礼!)をなんとなく見るか、もしくは、深夜に24時間営業のレンタルビデオ屋に行くといった所が、いままでの深夜に映画が見たくなった際の行動パターンであった。 しかし、深夜に最新映画を快適な視覚空間で見ることが出来る劇場が誕生した。六  >> 続きを読む

グランドハイアット東京(Grand Hyatt Tokyo)は、2003年に開業したホテルの中でも最も注目を浴びているホテルといっても過言ではないだろう。 すごく話題になっている六本木ヒルズの中に出来たからという事も、その要因の一つであるが、 ・ 外資系ホテルの勢い ・ ハイアットという名  >> 続きを読む

昨今、年収300万時代という本がベストセラーになった。東京のストレスフルな都市生活を送る上で、エンターテイメントは、欠かせない。 残念ながら年収300万円では、十分な夜遊びエンターテイメントを感じるのは難しいかもしれない。しかし、給与が上がらない今、一番、最初に削られるのが、エンターテイメント  >> 続きを読む

寝れない夜は車を飛ばしてフードマガジンまで行き、食材を見るといったグルメが可能になるではないか。ちなみに、このフードマガジンに隣接するTUTAYAは、朝4:00まで営業。料理本も買える。 Let's 東京深夜セルフグルメ! □ 24時間スーパー誕生の訳 ちなみに、この24時間スーパ  >> 続きを読む

六本木ヒルズ(Roppongi Hills)は、民間主導で行われた東京都市部の再開発では最大規模である。その広大なスケールから、六本木ヒルズを知るための「ツアー」が有料で、行われていることからも解る。 建築的視点と深夜という視点を組み合わせると、六本木ヒルズのお勧め建築鑑賞スポットは、ヒルサイ  >> 続きを読む

Yahoo!といえば、日本が誇るインターネット財閥「ソフトバンク」の中核企業。Yahoo.co.jpといったポータルサイトや、ADSLを使ったプロバイダー事業等を展開しているのは、皆様ご存知のことと思う。 その一方で、Exciteといえば、日本では後発ポータルながら、Excite出会い等のヒッ  >> 続きを読む

Optima Tune - Advanced Trend Forecasting Engine for Independent Media
注目ワード:シー バイ クロエ - マーク バイ マークジェイコブス - アメリカンラグシー - カンペール - ジャパンイマジネーション - サマンサタバサ - INGNI  
東京体感ニュースファッション建築グルメエンタメ小旅行
バショコレ! |利用者アンケートに答える | モバイル版 | About? | 免責事項 & Copyright & リンクについて | PRIVACY POLICY | CONTACT US | サイトマップ